HOME>記事一覧>湿気は土台を腐らせたり害虫を繁殖させたりする元となりますが、簡単な工事で対処することができます。

目次

湿気による家の土台崩れを防ぐ

一軒家

日本は湿気の多い国ですが、それにより家の土台が崩やすくなったりシロアリが発生しやすくなったりする傾向があります。昔の日本家屋はもう少し風通しが良かったのですが、耐震強度を高めたりしてより頑丈な家にした結果、床下の湿度が高まってしまったのだそうです。そのため、最近では「床下換気扇」が注目を集めています。その名の通り床下に吸気口と排気口を設置して風通しを良くするための設備ですが、こうすることによって色々な問題の発生源となっている湿気を減らすことが可能です。特にトイレや風呂場、台所あたりの空気の流れを改善することで、より大きな効果が期待できます。

湿気による結構被害を防ぐ

男女

湿気は家の土台を腐らすだけでなく、そこに住む人間の健康にも影響を及ぼします。床下の湿気が高まることによって、シロアリだけでなくダニなどの害虫やカビなども繁殖するからです。これによりアレルギーを発してしまう可能性もありますが、特に生まれたばかりの赤ちゃんや小さな子どもは抵抗力が低いので、こういった驚異にあらがう術を持っていません。「床下換気扇」によって床下の湿気を改善することは、家だけでなく人の健康も守ることになります。リフォーム費用は家の大きさにもよりますが、平均20万円前後かかると考えておけば良いでしょう。台数にして3台前後になりますが、さほど高くはないので導入しやすいところも魅力です。ただし中には必要以上に設置して多額の料金を請求するところもあるので、業者選びは慎重にならなくてはなりません。

広告募集中